ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

小型水槽でレイアウトを楽しむ

MENU

世界水草レイアウトコンテスト2020 ボツ作品その2

こんにちは!ashです。

世界水草レイアウトコンテスト2020(IAPLC2020)の応募締め切りから、約1.5か月経ちました。

去年に引き続き、今年もどうにか応募することができました!

去年よりも順位があがればなぁ~、と思いつつ結果を楽しみに待っています。

今回は、タイトルにもある通り、

IAPLC2020用にレイアウトを作ったけど、途中で無理だぁ~!!

と思ってリセットしたレイアウト水槽を紹介したいと思います。

 

 

レイアウトの作り替えを急ぎました!

今回のレイアウトに作り替える前の状態はこんな感じで石や流木を組んだレイアウトを作りました。

ash14-aquarium.hatenablog.com

 細かい石や流木をたくさん使ってレイアウトの骨格を作り、

モスやニューラージパールグラスなどをミスト式で管理していました。

しかし、水槽に水を入れてから管理することができるかを考えたとき、

100%無理っ!!

だと思ったので、リセットをすることにしました。

リセットしたのがちょうど11月を過ぎたあたりです。

ここから急ピッチでレイアウトを作り替えました。

 

レイアウトはシンプルに

レイアウトの骨格を作り直しました!

f:id:ash14:20200717142855j:plain

最初にボツにしたレイアウトに比べ、かなりシンプルな感じになるように流木を配置してみました。

今回このようにシンプルに流木を組んだのは、

水槽の掃除、水草のトリミングが簡単にできるようにするためです。

とにかく、水槽の管理を楽にすることを優先した結果このような構図になりました。

 

水草をソイルに植えていきます!

レイアウトの骨組みは出来上がりました。

このレイアウトを作り始めたのが11月を過ぎていて、ミスト式で水草を少しでも育成することは厳しい時期です。

なので、今回は水草を植栽した後は水を張って、通常の水槽の管理方法で行くことになります。

f:id:ash14:20200717143915j:plain

こちらが水草を植栽し、水を張った後の状態になります。

使った水草は、

ウィーピングモス、リシア、ニューラージパールグラス、レインキーミニ、

セイロン・ロタラ、パールグラス、ロタラ・ロトンディフォリア

です。

後は、水草が順調に育てば、応募締め切りまでにはどうにかなりそうです。

 

立ち上げから約2週間が経過しました

f:id:ash14:20200717144540j:plain

水槽の水を毎日1/3くらい交換していたので、コケもあまり出ませんでした。

立ち上げから2週間しか経っていませんが、水草もいい感じに成長し始めていて、水槽の水も出来上がってきているのかなと思いました。

成長の速い水草を選んだので、4か月でレイアウトは完成させることができそう!

なんて思っていました(笑)

 

しかし、問題が発生!!!

水槽の水もできて、水草も順調に成長しているので、応募締め切りよりも前にレイアウトが完成するかも!

と思っていましたが、ここである問題が発生しました!

水槽の外へホースで吸い出しても次々に発生する藍藻が出るようになりました。

 

ash14-aquarium.hatenablog.com

このレイアウトを作って管理していたときも藍藻が大量に発生して、どうしようもなくてリセットをした記憶がよみがえりました。

このままでは、マズい!どうにかせねば!

とにかく水替えを何回もやって、1週間格闘し続けました。

頑張ってみましたが、全然解決できません!!

このまま藍藻と格闘し続けても、藍藻が減る可能性はほぼ0だと思い、

このレイアウト水槽もリセットすることにしました。

リセットしたのは年末…

次に作るレイアウトに賭けるしかないと思いながら、IAPLC2020に応募したレイアウト水槽を作ることになりました(-_-;)

 

藍藻が発生した理由について考察しました

藍藻が発生した原因が分かれば、今後のレイアウトを作るときに注意すればよくなるので、どうして藍藻が発生したか少し考えていました。

ありえそうだと思ったのが、ソイルを使いまわしたことかな?と思っています。

今回作ったレイアウトのソイルは、前回ボツのレイアウト水槽のものを使いました。

ボツにしたレイアウトは、ミスト式で管理していました。

どうやらミスト式は長い期間続けてしまうと、藍藻が発生しやくなるみたいです。

藍藻の発生しやすくなった状態のソイルを使ってしまうと、当然藍藻が発生する確率は高くなると思いました。

もう1つ思ったのが、ソイルを厚く盛りすぎて、水の通水性がかなり悪かったからかもしれません。

いずれにしても藍藻が発生してしまったので、

とにかくレイアウトを作るときは、藍藻が発生したり、ミスト式で藍藻が発生しそうなソイルは使いまわさないようにする。

ソイルの厚さを考える。

この辺りは注意していこうと思いました。

 

最初の方にも書きましたが、IAPLC2020には応募することができました。

また結果、作ったレイアウトが公開できるようになったらブログに載せたいと思います!!

おしまい。