ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

小型水槽でレイアウトを楽しむ

MENU

30cmキューブ水槽で凸型構図の水草レイアウトをしてみました

こんにちは!ashです。

水槽で水草レイアウトを作るときは、その時に作ってみたい!と思うものを作ることが多いですが、時間が経っていくと、

レイアウトが何か違う!

この水槽でこの流木を使えばこんな感じのものが作れそう!とか、

ネットで見つけたこのレイアウト、真似してみたい!

などどうしても好みが変わってきます。

そして、今回紹介する30cmキューブ水槽のレイアウトも、先ほど書いたことがピッタリ当てはまり、自分の好みでレイアウトが変わることになりました。

    

 

前回のレイアウトから感じた違和感

 前回作ったレイアウトはこちらになります。

ash14-aquarium.hatenablog.com

上の記事の中に書いていますが、本当は大きい切り株状の流木を使ってレイアウトを作りたかったのですが、流木が全然沈まなかったので、別のレイアウトになりました。

そのためか、水槽を眺めるたびにやっぱりなんか変だと思うようになってきました。

切り株状の流木を上手く使えていれば、もしかすると今回作るレイアウトは生まれなかったかもしれません。

とにかく前回のレイアウトが違和感ありありだったので、水槽をリセットして新しいレイアウトを作ります!

 

レイアウトの構図を作っていきます

水槽は空の状態にしました。

ここからレイアウトをしていきます!

30cmキューブ水槽の形はサイコロ型になります。

僕はこの水槽でレイアウトを作るのが苦手です。

その理由は、水槽の幅は狭いのに奥行きと高さがあるため、どうしても思っているようなレイアウトができないからです。

よくネットなどでは、30cmキューブ水槽はオススメ!と書かれていることが多いですが、個人的には36cm水槽など直方体型の水槽のほうがレイアウトは案外思いつきやすいと思います。

話を30cmキューブ水槽のレイアウトに戻します。

30cmキューブ水槽の構図を考えていくと、凸型構図が一番作りやすい、というか他の三角構図や凹型構図はバランスがとりにくくて作りにくいと個人的に思います。

なのでレイアウトの骨組みとなる構図は凸型構図にしました!

f:id:ash14:20200211152120j:plain

溶岩石を積み上げてその上に流木を載せた感じです。

1年以上前に作った30cmキューブ水槽のレイアウトですが、

ash14-aquarium.hatenablog.com

使っている流木などは違いますが、よく似た感じのものになりそうな気がしました。

おそらく、30cmキューブ水槽で凸型構図といえばこれ!というものが自分の中で出来上がっているのかもしれません。

話を戻します、次に上からの様子です。

f:id:ash14:20200211152511j:plain

奥行きがあるので、かなりゆとりを持たせることができました。

36cm水槽は奥行きが22cmしかないので、同じようなものを作ろうとすれば、かなり窮屈な感じになるかと思います。

ここまでくるとあとは、ソイルや化粧砂を入れて、水草を植栽するだけとなります。

以前から気になっていたのですが、水草レイアウトで面フィルターを使うことができるかどうか、

いろいろ調べているとどうやら使うことができるみたいです。

水草レイアウト制作ノートやアクアプランツなどでレイアウト水槽を紹介している、轟さんという方のブログを読んでやってみようと思いました。

ordinary-aquarium.design

上の写真では、GEXの外部フィルターと底面フィルターを組み合わせて使ってみることにしました。

 

レイアウトが完成しました!

ソイルを入れてから水草の植栽するまでの過程を写真を撮らずに一気に終わらせてしまいました。

なので紹介できるのは、レイアウトが終わったあとの様子からになります。

f:id:ash14:20200211152942j:plain

こんな感じで作りました。

水草ですが、

流木や溶岩石あたりは、ボルビティスやミクロソリウムアヌビアスナナプチ、ブセファランドラ

水槽の後ろの方には、ロタラロトンディフォリア、グリーンロタラ、パールグラス、ニューラージパールグラス

などを使いました。

水草を植栽したあとはかなり乱雑な印象にいつもなりますが、ここから水草を育てていって水草の茂みなどを作っていきます。

 

立ち上げから1か月

外部フィルターと底面フィルターを組み合わせて使っていましたが、フィルターを回し始めて1週間くらいで、排水口のほうから水がでなくなりました。

底面フィルターで完全に目詰まりを起こしたと直感しました。

フィルターが機能しなくなってからは、コケの発生スピードがかなり速くなり、水替え量を増やしても追いつかないくらいになっていました。

このまま放置するわけにもいかないので、外部フィルターと底面フィルターの接続を解除して、外部フィルター単体にすることにしました。

 

立ち上げから2か月経過しました!

水換えも3日に1回、外部フィルターがちゃんと稼働していたおかげで、先月のようにコケが大量に生えることはなくなりました。

そして、現在の水槽の様子を紹介します!

f:id:ash14:20200212191038j:plain

水草を植栽したころはかなり乱雑な印象でしたが、2か月経過すると、水草が成長し始めて少しずつ茂みが大きくなってきます。

今回はチャームさんで販売しているリーフソイルプロという水草用のソイルを購入して使ってみましたが、このソイルは素晴らしいソイルだと僕は思いましたよ!

今回使ったソイルについては、別の記事で紹介したいと思います!!

また後日紹介したいと思います。

この時の水槽の管理方法を紹介します。

水替えは1週間に1/3程度、照明はアクロのオーバル300を9~12時間点灯、CO2はテトラのボンベで2、3日に1回注入

といった感じです。

この管理方法でやってますが、立ち上げ初期のようなコケがまん延することはなく、急激に水質が変化して魚などが全滅ということもありません。

 ただこのレイアウトも日が経つにつれて、なんか違うんだよなぁ~と思ってしまいました。

つまり、自分好みのレイアウトではないということです。

自分が長期的に見ていても飽きない好きな感じのレイアウトってどんなものなのか?

それが今のところはっきりしていません。

このあたりも分かってくるようになれば、もっと水槽の管理なども熱がはいるのかなと思ったりもします。

レイアウトに違和感を感じるようになったら最後、水槽をリセットして新しいレイアウトを作ります。

新しく作った水槽は後日紹介します。

おしまい。