ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

小型水槽でレイアウトを楽しむ

MENU

30cmロータイプ水槽でレイアウトの骨格を作ってみました

こんにちは!ashです。

コトブキの30cmロータイプ水槽を購入してから、森っぽい感じや海岸の砂浜などのレイアウトを作ってみました。

とにかく30cmのロータイプ水槽でなにか面白いレイアウトができないだろうか模索しながら楽しんでいます!!

そして、今回はまだレイアウトの骨格を作った段階までになりますが紹介したいと思います。

 

 

前回のレイアウト水槽をリセットします

 

ash14-aquarium.hatenablog.com

 前回は海岸の砂浜をイメージしたレイアウトを作ってみました。

結構斬新な感じで、植栽していたニューラージパールグラスが成長したらどんな感じになるか楽しみにしていましたが、栄養系ソイルを使用していないせいか、うまく絨毯を作ることができませんでした。

このままずっと管理することは考えていなかったのでとりあえずリセットしました。

 

新しいレイアウトを作っていきます

水槽を空にしました。(写真は使いまわしです)

f:id:ash14:20200525145449j:plain

 

今回は遠近感を強調できるような石組を作ってみようと思いました。

まず、石組みに使う石ですが、

f:id:ash14:20200724102514j:plain

気孔石になります。

こちらの石ですがチャームさんで販売しているものAmazon経由で購入しました。

 

カミハタ アクアリウムロック 気孔石 大 形状お任せ

 

サイズは25cmくらいで小型水槽では親石にするには十分すぎるくらいの大きさの石でした。

ただ、30cmのロータイプ水槽にこの石はそのまま使うことができないので、ハンマーで小さくしていきます。

f:id:ash14:20200724103246j:plain

ハンマーで砕いた石の一部になります。

気孔石は、アクアリウムで使う他の石に比べて脆いので砕けば自分の使いやすいサイズの石にできるのでかなり便利なレイアウト素材だと思います!!

ただ、どんな形に割れるかは石の割れる部分によって変わるので運もあるかもしれません。

 

レイアウトの骨格を組んでいきます!

レイアウトするための素材の石は用意できたのでここからレイアウトをしていきます。

今回は遠近感を強調できるようなレイアウトに挑戦!!

石の配置は一気にやってしまったので、石を配置し終えたところから紹介したいと思います。

f:id:ash14:20200724103842j:plain

ライトの当たり方が悪く暗めになっていますが、石はこんな感じで配置しました。

遠近感を強調するために、

手前にできるだけ大きめの石を配置し、後ろに行くほど小さめの石を配置しています。

石だけではなんか寂しいなぁと感じたので、流木を配置していきます。

f:id:ash14:20200724104215j:plain

なんとなくで配置してみました。

これでレイアウトの骨格自体は完成したので、化粧砂を入れていきます。

f:id:ash14:20200724104431j:plain

化粧砂はADAのラプラタサンドを使いました。

水槽自体が小さく狭いので化粧砂を厚く盛りすぎると、窮屈な感じに見えるとおもったので薄く敷くようにしました。

これで完成といいたいところですが、

流木が邪魔だなぁー

と思ったので一度取り除いてみることに、

f:id:ash14:20200724104813j:plain

結局流木は1本だけ使うことにしました。

周りに合った流木がなくなったことによって、スッキリとした印象になったと思います。

 

今後について

30cmのロータイプ水槽は、とりあえずレイアウトの骨格までは完成しました。

もし植栽するとしたら、

流木部分にウィーピングモスを使ってアーチっぽくできないか、

ニューラージパールグラスやキューバパールグラス、ブセファランドラなどを使っていけばいいのかなと思っています。

近々引っ越しを考えているので、お蔵入りになるか、水草の植栽をするかどうかは未定です。

ただ、もし植栽するなら先ほど書いたような感じでいきたいと思っています。

水草を植栽する、お蔵入りになって新しく作り直したときにまた紹介できればと思います。

 

カミハタ アクアリウムロック 気孔石 大 形状お任せ

 

おしまい。