ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

小型水槽でレイアウトを楽しむ

MENU

36cm水槽で水草レイアウトを作りました!【第3弾、3話完結】

こんにちは!ashです。

世界水草レイアウトコンテスト2019には、36cm水槽で応募しました。

結果は1162位という結果で、もっと上の順位をとるためには、レイアウト、水草の育成などの技術面を磨かないといけないと思いました。

そこで、今回は世界水草レイアウトコンテストに応募した36cm水槽を使って、技術を磨くべく新たなレイアウトに挑戦します!

 

 

今までのレイアウトについて思うこと

世界水草レイアウトコンテスト2019の結果通知が届いてから、

今まで自分が作ってきたレイアウトはどんな感じだったか?

とにかく振り返りをすることにしました。

今まで、25cm、30cmキューブ、45cm、60cmといろんなサイズの水槽で水草レイアウトをやってきましたが、

6か月以上も管理できた水槽がほとんどない!

このことからわかることは、自分が水草をうまく育成する方法を知らないことがはっきりわかる結果だと思っています。

いいと思うレイアウトを作ることは大事!ですが、水草を上手く育てて作ったレイアウトをもっといい水景にすることはもっと大事!!

これが今後できていかないと、プロの水景クリエーターや水草ショップの経営などは到底できないと自覚しております。

そのため、まずは知識をつけるべく、ペットショップやメルカリなどで水草関連の書籍をいろいろ購入して勉強することにしました。

そして、学んだことを活かすために実際にレイアウトを作って管理します。

今回レイアウトした36cm水槽は勉強したことが活かせるかを試すために立ち上げました。

 

構図を組みます

まず、水槽のサイズはW36×D22×H26でそれほど大きくありません。

石や流木をたくさん入れすぎると、掃除などがやりにくくなる可能性があるので、できる限り少ない素材でシンプルな構図を作ることを心掛けました。 

f:id:ash14:20190829070808j:plain

今回は小さめの流木を3本を使い、1本の流木になるように組み合わせています。

流木同士は形が崩れないようにウッドタイトを使って固定しました。

流木同士を先に固定したのは、水槽の掃除をするときに手が当たるなどして位置が大きくずれることを防ぐためです。

そして構図は右が高く、左が低くなるような三角構図にしました。

先ほども書きましたが、小型水槽ではできる限りシンプルにレイアウトすることが大切と書きましたが、今回の構図組みはシンプルに上手くできたと感じております!

これでレイアウトの骨組みは完成です。

 

次は水草の植栽です。

最初に水草を配置していくのは、流木からです。

流木を一旦、水槽から取り出し、流木の枝の部分にウィローモスをできるだけ薄くモスコットンを使って巻き付けていきました。

そして、上の写真の水槽中央よりやや右側の流木の下部にボルビティス、ミクロソリウムを流木の適当な位置にウッドタイトで固定して流木の飾りつけは完成です。

以前は流木にモスなどを巻き付けるときは水槽から出さずにやっていましたが、水槽から出して作業すると意外と苦労することもなく作業できました。

流木を水槽に戻し、有茎草を植栽していきます。

水槽手前側はグロッソスティグマ

流木より後ろにロタラロトンディフォリアを2種類、ロタラナンセアン、インディアンクラススラ、ラージパールグラス

流木の近辺にアヌビアスナナプチ、エキノドルステルネス

これらをピンセットなどを使って順番に配置していき、植栽は無事終わりました。

そして、水槽に水を入れ、フィルターなどの周辺機器をセットして立ち上げ完了です!

f:id:ash14:20190829072612j:plain

購入したときの水草の長さ、水中葉か水上葉かなどの違いで凸凹した感じの水景になっています。

また、グロッソスティグマなどは後々匍匐して全体に増えていく感じになるはずなので、かなり間隔をあけて植えています。

立ち上げ時はかなり殺伐とした感じになりますが、ここからどうなっていくか様子を見ていきましょう。

あと、今までは水槽の照明も適当なものを選んで使用していましたが、今回から水草の育成に定評のあるADAのアクアスカイ361を使い始めることにしました。

 

立ち上げから6日経ちました。

f:id:ash14:20190829073355j:plain

 

流木より後ろの水草たちはまだ成長してるなと感じることはありませんが、グロッソスティグマが結構成長が早いみたいで、匍匐して少しずつ増えていることがわかります。

もう少し近くで撮影しました。

f:id:ash14:20190829073906j:plain

ボルビティスに黒ずんでいる葉がところどころありました。
これを放置しているとボルビティスの成長が遅くなるそうなので、ハサミで黒ずんだ葉は全てカットしました。

ここまでは、毎日1/3程度の水替え、CO2は2秒1滴、照明は7時間くらいで管理してきました。

管理していることはノートに書いてすぐ見れるようにしています。

f:id:ash14:20190829074548j:plain

僕は大学は理系で実験などをするときは実験ノートというものを書いていました。

今回のレイアウトには実験ノートのように、管理の過程を記録していき、気づいたことなどを書き足していくといったスタイルを取り入れています。

ノートを描き続けるのがいつまで続くかはわかりませんが、この後も水槽をしっかり管理すること、記録をとることを続けたいと思います!

それでは、その後の様子をどうぞ!!

ash14-aquarium.hatenablog.com

 

おしまい。