ash式アクアリウム

ash式アクアリウム

アクア歴:約4年、水槽レイアウト好きなashのブログ

MENU

36cm水槽 第2弾の水草レイアウトの紹介

こんにちは!ashです

36cm水槽で水草レイアウトをこれまで3回作りましたが、2番目に作ったレイアウトを紹介していなかったので、紹介したいと思います

 

 

レイアウトをした日とレイアウトのコンセプト

2番目に作ったレイアウトは、世界水草レイアウトコンテスト2019の締め切り日(5月31日)の次の日にすぐ作りました

(なので、レイアウトコンテストのレイアウトが第1弾になります)

2番目を作ってすぐにブログに載せなかったのは、流木や石などの素材をそのまま利用したためです

先に紹介しちゃうとコンテストで失格になるかもとビビったのが本当の理由です(笑)

それはさておき、

2番目に作ったレイアウトはジオラマ系になります

頭の中で池のある公園をイメージしながら作ってみました

 

レイアウトの構図の紹介

今回のレイアウトでは、池を表現するために小さめの鏡を用意しました

以前45cm水槽で1度鏡を使ったレイアウトをやりました

ash14-aquarium.hatenablog.com

 1年くらい前にやってみましたが、その時は鏡の材質の選択を間違えたのと、水草を上手く育てられなくてリセットしました

今回はちゃんとした鏡を用意したので大丈夫だと思います

最初に前のレイアウトで飼育していた魚や水草、素材ソイルなど全て取り除き、水槽をきれいな状態にしてから、構図を組みなおしています

f:id:ash14:20191220202643j:plain

構図はこんな感じで組みました

ソイルは僕がよく使うアミーゴのネイチャーソイルを使っています(このソイルをよく使うのは、他メーカーの水草用ソイルよりも格段に値段が安いからです)

 

水草を植栽しました

構図ができたら、あとは水草を植栽して水を張り、フィルターや照明、CO2機器などを接続してレイアウトは終了になります

水草を植栽して、注水したあとの様子を紹介します

f:id:ash14:20191220203124j:plain

使用した水草

前の方はニューラージパールグラスとヘアーグラス

流木の近くにアヌビアス・ナナプチ

後ろの方はパールグラス、ミリオフィラム・ガイアナドワーフルドウィジア・スーパーレッド、キューバパールグラスなどを使っています

また流木には、接着剤でキューバパールグラス、オーストラリアン・ヒドロコティレを

池の周りの石にウォータローンをこちらも接着剤で固定してみました

ここまではそれなりにいい感じにレイアウトできたなと思っていました

 

立ち上げから2週間後

f:id:ash14:20191220203827j:plain

フィルターのろ材は1回目のレイアウトの時のものをそのまま使っているので、水はすぐ立ち上がり、コケも生えることもありませんでした

水草も少しは成長している感じでした

 

立ち上げから1か月後

f:id:ash14:20191220204250j:plain

このころからヘアーグラスが暴走気味にいろんなところに生えるようになってきました(笑)

流木に活着させたキューバパールグラスやオーストラリアン・ヒドロコティレは枯れてきました

有茎草を接着剤で固定して上手くいくかどうかわからなかったので試しにやってみましたがソイルがないと育成が難しいようです

接着剤を使うのはモス系やシダ類だけにしようと思います

(後で雑誌を読んで知りましたが、オーストラリアン・ヒドロコティレは流木に引っ掛けて液肥があると成長するみたいです)

コケ自体はここまで全く生えないので、このまま管理を続けました

 

立ち上げから2か月後

f:id:ash14:20191220204954j:plain

雰囲気出るかなと思い、空を印刷した紙を壁に貼り付けてみました

写真を撮る位置でこんなふうにかなりずれてしまいますが(笑)

とりあえず流木に接着剤で固定した水草以外はそれなりに成長しました

ウォータローンは石に接着剤で固定しましたが、ソイルに植栽しなくても上手くいくみたいです(確証はありませんが)

ヘアーグラスがいろんなところにランナーを出しすぎて、訳が分からない感じになってきつつあります

 

レイアウトの崩壊へ

いつだったかは忘れましたが(多分立ち上げから2か月半くらいだったと思います)、

興味本位で自作してみた肥料を水槽にちょっと投入してみました

ash14-aquarium.hatenablog.com

 これがミスでした😢

投入してから数日で、水槽全体がコケまみれになってしまいました

ヤマトヌマエビを投入したり、コケを取り除きながら全換水などやってみましたが、コケが収まる様子がなく、石に固定したウォータローンはすぐに枯れてしまいました

いつものADAの液肥ではなく、自作の液肥を投入したことで水槽内の環境が崩れてしまったことがこの時わかりました(もう手遅れですが)

色々とわからないことが多くて、これもいい経験になったかなと思っています

そんなこんなで、2回目のレイアウトは自作液肥によって壊滅しました(笑)

崩壊してしまうとどうすることもできないので、リセットして、第3弾のレイアウトを作りました

ash14-aquarium.hatenablog.com

 レイアウトの構図はいろいろ組んだりできるようになったので、水草をきちんと育成できるように現在の第3弾では、管理に重点を置くようにしています

第3弾のレイアウトももうすぐ4か月目になるので後日紹介したいと思います

 

最後に

第2弾のレイアウトは失敗に終わりましたが、1番いい感じに撮影できた写真を載せたいと思います

f:id:ash14:20191220210954j:plain

背景が水槽にいい感じに収まった写真になります

水草はいまいちですが(笑)

今回は以上になります